事務所概要

平成11年に駿河台法律会計事務所の創立パートナーとして加藤義久公認会計士事務所(個人事務所)を立ち上げ、財務・税務のプロとしてお客様の「縁の下の力持ち」 となるよう業務に携わってまいりました。その後、司法、会計、税務のスペシャリスト集団でお客様の要望にワンストップで応える駿河台法律会計事務所を立ち上げ、平成20年に神保町にて税務と会計のプロフェッショナル「日本みらい会計事務所」を立ち上げました。ひとえに皆様方のご支援の賜物と心より感謝しています。

会計情報を「過去の情報」として取り扱うだけでなく、「未来」のために活用する情報としてお客様にフィードバックし、お客様の未来像を一緒に考え、 明確にするお手伝いをして、日本の中小・中堅企業を元気にしていきたい・・・。そんな思いから「日本みらい会計事務所」と名づけました。

そして、平成27年9月に個人事業としての「日本みらい会計事務所」から「税理士法人日本みらい会計」へと組織変更をいたしました。 気持ちも新たに、これからもお客様からの法律、会計、税務各領域に関する依頼に応えるのみならず、事業承継、相続、合併(M&A)などの企業再編をはじめとする複雑な事案に対しても、質の高いサービスを提供していきます。

住所

TAGE TOP